後遺症・後遺障害なら岐阜市茜部の【誠美接骨院】まで

後遺症・後遺障害施術@茜部

お役立ち情報

後遺障害申請の方法

  • 文責:院長 柔道整復師 高見 誠治
  • 最終更新日:2018年10月29日

1 後遺障害申請の大切さ

病院や接骨院で治療を受けても,一定程度の症状が残るということはあります。

完治するのが良いのは当然ですが,症状が残った場合には,適切な損害賠償を受けるために,適切に後遺障害申請をすることも大切です。

2 後遺障害の申請方法は2通り

後遺障害の申請方法は,大きく分けて,加害者側の保険会社を通して行う方法(「事前認定」といいます。)と,自ら行う方法(「被害者請求」といいます)の2通りがあります。

3 どちらの方法によるべきか

結論からいうと,後遺障害の申請は,自ら行う「被害者請求」によるべきであると考えます。

なぜなら,加害者側の保険会社は,後遺障害が認定されれば,その分多く保険金を支払わなければならない立場にあるため,被害者の後遺障害認定に協力的であるとは考えにくいからです。

加害者側の保険会社任せにすると,後遺障害申請の際に,有利な資料をつけてもらえなかったり,反対に,不利な意見をつけられてしまったりするおそれがあります。

この点,自ら申請するのであれば,有利な資料をつけて申請することが可能です。

4 弁護士に依頼することもできる

後遺障害は申請の仕方によって,本来認められるはずのケースでも否定されてしまうということもあり得ます。

後遺障害は,認定されるかどうかによって,損害賠償金の額が大きく変わってきますので,後遺障害として認定される可能性がある場合には,後遺障害申請を得意とする弁護士に依頼するのがよいでしょう。

自動車保険に弁護士費用特約をつけていれば,多くのケースでは,保険の範囲内で自己負担なく弁護士に依頼することが可能です。

受付・施術時間

午前8:30~12:00
午後3:30~8:00

休診日
木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

058-214-6724

所在地

〒500-8282
岐阜県岐阜市茜部大川2-12-5
無料駐車場有り